肝斑(かんぱん)

肝斑にはこの化粧品

肝斑(かんぱん)は通常のシミと違って、レーザー治療などができません。
そこで推奨されているのが飲み薬と塗り薬。
肝斑にはトラネキサム酸とハイドロキノンが有効とされていますが、トラネキサム酸の飲み薬は薬局などでも最近よく見かけます。

 

ハイドロキノン配合化粧品は薬局などではあまりなく、通販でも数は限られてきます。


ハイドロキノン配合化粧品で肝斑ケア

ビーグレン

国際特許の浸透技術!

 

できてしまったシミにも効果的なハイドロキノンやシミを予防するシムホワイト377、活性酵素を消去するビタミンCを配合。

国際特許の浸透技術で肌の奥(角質層)までしっかりと有効成分を届けます
今まで美白コスメを使っても効果がなかったという方にもお勧め!

 

アンプルール

安定型ハイドロキノンで肌に優しい

 

新安定型ハイドロキノン配合で、敏感肌の方でも妊娠中、授乳中でも安心して使えるハイドロキノン配合美白コスメ
美白も保湿もしたいという方にはオススメです。


 

肝斑もシミもケアしたい方にはハイドロキノン!

出産後や30代後半にかけて肝斑は増えていきます。
通常のシミとなかなか見分けることが難しいので「あれ?肝斑かな?」と思ったら皮膚科に受診することが一番です。

 

ただ、病院へ行くのはちょっと・・・。
という方もいると思いますので、そんな方は上記のハイドロキノンを使うのが一番です。

 

ハイドロキノンは、現在ではできてしまったシミにもっとも効果がある成分として注目されています。

 

 

例えば、肝斑かと思っていたら実は普通のシミだった・・。
また、逆のこともありえますね。

 

そんな場合でも、ハイドロキノン配合化粧品を使っておけば安心です。

 

 

また、30代後半になると肌にはいろんなトラブルが出てきます。
肝斑だけではなく、通常のシミ、くすみ。

 

肝斑をキレイにしたらシミが目立つようになってしまった・・・。
そんなことがないように、肝斑にもシミにもくすみにも効果のある美白化粧品でケアしておく必要がありますね。

 

バイオコスメで透明感のある美肌を手に入れる!


美白化粧品はランキングで選ぶな!

一つでも当てはまるなら、このままでは
一生透明感のある美肌は手に入らない
かもしれません。

美白化粧品を選ぶ3つのポイントは知っていますか?