ニキビ跡や炎症性色素斑

炎症性色素斑

炎症性色素斑とは、基本的に日焼け跡やにきび跡、傷跡が茶色いシミとなって残ってしまっているものの事で他にも、虫刺され跡やムダ毛を抜いて炎症してしまった毛穴の黒ずみ等が原因になる事もあります。

 

 

メカニズムとしては、紫外線や湿疹などでメラノサイトと呼ばれる体の細胞が活性化される事でメラニン色素を大量に生産して沈着します。
真皮にまで沈着してしまった色素沈着は残念ながら自然に消える事はなく、レーザー等の治療が必要でしょう。
最新技術により色素班は消えるでしょうが、その分膨大なお金がかかります。

 

 

大切なのは、真皮にまで達する前にピーリングや美白化粧品でしっかり肌ケアをする事で、これによりレーザー治療等を行う事なく炎症性色素斑を消す事が出来るかと思います。

 

 

できてしまったシミ(炎症性色素斑)に効果的な美白成分はハイドロキノンです。
なるべく早く確実に消したいのであれば化粧品ではなく、医薬品をオススメします。
皮膚科に行って処方してもらいましょう。

 

皮膚科に行くのはちょっと・・。
とためらいがある方は、美白化粧品をコツコツ続けることで薄くなると思います。
かなり時間がかかるので気長に根気よく続けることが大事です。

 

ハイドロキノン配合化粧品はあまり多くないですが、オススメはビーグレンとアンプルールです。


アンプルール

シミもくすみも!W美白で透明美肌

 

新安定型ハイドロキノン配合で、敏感肌の方でも妊娠中、授乳中でも安心して使えるハイドロキノン配合美白コスメ
美白も保湿もしたいという方にはオススメです。


 

ビーグレン

安心の365日返金保証

 

できてしまったシミにも効果的なハイドロキノンやシミを予防するシムホワイト377、活性酵素を消去するビタミンCを配合。

国際特許の浸透技術で肌の奥(角質層)までしっかりと有効成分を届けます
今まで美白コスメを使っても効果がなかったという方にもお勧め!

 

美白化粧品はランキングで選ぶな!

一つでも当てはまるなら、このままでは
一生透明感のある美肌は手に入らない
かもしれません。

美白化粧品を選ぶ3つのポイントは知っていますか?